サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> HTMLタグリファレンス/Tips >> 知っておくべきこと

知っておくべきこと



拡張子を表示する

拡張子とは、ファイルの末尾についてる「.xxx」のようなものでファイルの種類を表します。HTML文書なら「name.html」や「name.htm」となります。

この拡張子が表示されていない場合は、パソコンの設定において拡張子が非表示になっています。

WindowsXPなら
  1. 「コントロールパネル」→「フォルダオプション」→「表示」タブへ移動する
  2. 「詳細設定」にある「登録されていない拡張子は表示しない」のチェックを外す
で拡張子を表示することが可能です。分からない人は以下のリンクも参考にして下さい。

拡張子を表示しよう
拡張子を表示させる


ファイル名・拡張子について

ファイル名には英数字とハイフン"-"、アンダーバー"_"が使用できます。日本語は使わないようにしましょう。

HTMLファイルの拡張子は、「.html」と「.htm」が利用できますが、どちらも別のファイルとして認識されますので、どちらか1つを必ず使うようにします。


コメント

HTMLに文章を記述する際、一部をブラウザで非表示にすることができます。
コメントの先頭に「<!--」、コメントの終了に「-->」を記述することで、この中に記述されたテキストは表示されなくなります。


絶対パスと相対パス

HTMLファイルからリンクを貼る場合や画像などの外部ファイルを呼び出す場合はそのファイルの位置を記述する必要があります。
この記述方法には「絶対パス」と「相対パス」があります。

絶対パスとは、ファイルの位置を最初から最後まで記述する方法で、他のサイトへのリンクを貼る場合は必ず絶対パスで書きます。
例:<A href="http://www.eweb-design.com/index.html">eWeb</A>

相対パスとは、呼び出すファイル側を基準として、そこから相対的なファイルの場所を記述するもので、自分のサイト内のリンクや画像を呼び出す場合はこの方法で記述します。
例:<A href="../doc/next.html">次のページへ</A>

相対パスの記述は慣れるまで難しいと思いますが、重要なものなのできっちりマスターしておきましょう。


単位について

HTMLでは以下の単位が使用できます。
単位を省略した場合は、px(ピクセル)になります。

・絶対的な値を示す単位

in インチ(1in = 2.54cm)
cm センチメートル
mm ミリメートル
pt ポイント(1pt = 1/72in)
pc パイカ(1pc = 12pt)


・相対的な値を示す単位

em その範囲で有効なフォントの高さを1とする単位
ex その範囲で有効なフォントの小文字の「x」の高さを1とする単位
px 1ピクセルを1とする単位
% 他の基準となる大きさに対する割合


画像について

ホームページで利用できる画像は以下のとおりです。
Windows標準のBMPファイルは使用できません。

・JPEG(.jpg):フルカラーに対応しており、写真などに利用されます
・GIF(.gif):使用できる色数は256色までロゴなどに利用されます
・PNG(png):フルカラー表示に対応しており、透過することも可能です


 
 

HTMLタグリファレンス/Tipsに戻る




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, HTML Tag Reference Samples Tips. All rights reserved. - Home