サイトマップ   お問い合わせ   このサイトについて   ホーム   
WEB制作支援
 HTMLリファレンス
 スタイルシート
 JavaScript
 PHP/データベース
WEBデザイン
 デザインテクニック
 素材集/テンプレート
 ウェブ配色の見本
 ユーザビリティ
WEB運営
 ウェブの開設と運営法
 アクセスアップの技
 アフィリエイト (WEB広告)
 ドメインとサーバー
特集・トピックス
 Web広告で収入を得る
 独自ドメインの利点
 使えるWeb作成ソフト
 Webデザイナーになるには
 SEOでアクセスアップ
 光ファイバーの導入
リンク集
 ウェブ作成リンク
 無料リンク
 オンラインソフトリンク
 ユーザーリンク
 ウェブコラム
 参考文献一覧
 サイトマップ
 このサイトについて
 お問い合わせ
 eWebホーム


Home >> HTMLタグリファレンス/Tips >> HTMLの基本構造

HTMLの基本構造



HTMLの基本構造

HTML文書は、基本的に以下のように構成されます。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<HTML>
<HEAD>
  <HEAD>タグ内の要素
</HEAD>
<BODY>

  <BODY>タグ内の要素
</BODY>
</HTML>

分かりやすいようにインデントを付けて具体的に記述すると、
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<HTML>
    <HEAD>
        <TITLE>HTMLの記述例</TITLE>
    </HEAD>
    <BODY>

        <H1>HTMLの記述例</H1>
        <P>HTMLはこのように記述されます。</P>
        <TABLE border="1">
            <TR>
                <TD>これは表です</TD>
                <TD>これは表です</TD>
            </TR>
        </TABLE>
        <A href="#">これはリンクと呼ばれます</A>

    </BODY>
</HTML>

<HEAD>タグ内には、HTML内のタイトルやページの説明、検索語、スタイルなどの情報が記述されます。
ここには、実際にページに表示される内容を書いてはいけません。

<BODY>タグ内には、実際の内容を記述します。

先頭の行の
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
はHTMLを定義するのもなので、とりあえず書いておきましょう。


 
 

HTMLタグリファレンス/Tipsに戻る




 eWeb/ HTML/ スタイルシート/ Javaスクリプト/ PHP/ 素材集/ テクニック/ 配色/ ユーザビリティ/ 開設と運営/ アクセスアップ/ アフィリエイト/ ドメイン
Copyright(C) 2004. Aeu, Gundam, eWeb, HTML Tag Reference Samples Tips. All rights reserved. - Home